2017年06月18日

ボク、運命の人です。 第10話[終]

ジムから帰って、空腹を満たすため間食したら
急に睡魔に襲われ、洗濯もしないでバタンキュー!!
どれくらい眠っていたのだろう・・・爆睡してた(_ _)zzZZ


ボク、運命の人です。 最終回
未来から来た正木一郎(山下智久)の記憶が消えてしまった誠(亀梨和也)。自らの力で晴子(木村文乃)へプロポーズに向かうが、なぜか二人の運命の歯車は少しずつ噛み合わなくなっていく・・・。背中越しの席は変わり、晴子は遠方へ出張が決まる。しかしいつも助けてくれていた一郎はもう居ない・・・。そんな一郎は突然、定岡(満島真之介)の前に現れて・・・。全ての奇跡はこの日のためにあった。

一郎がバスタブの底に残したメッセージ
「誠が頑張る姿を近くで見られてよかった
このままずっと友達でいられないのが本当に残念だよ
短い間だったけど本当に楽しかったよ」

バスタブいっぱいに誠への思いが綴られており
最後には「永久あばよ」の言葉が・・・

「頼むからもう一回だけ出てこいよ」と涙を流す誠...
このシーンは泣ける(/。\)

そして翌朝バスタブの中で目を覚ますと
バスタブのメッセージは消えて、
誠の頭から一郎の記憶も完全に消えていた。

涙のお別れ・・・本当に寂しいです(涙)
一郎とのお別れも、このドラマとのお別れもo(_ _;)o


神(一郎)が去った後、
自分の力でやらなければならなくなった誠...
プロポーズして結婚まで、うまくいくのかなぁ・・・と
心配しましたが、ハッピーエンドでよかった(*´-`)(´-`*)

途中せつない展開もありつつ、笑えるシーンもいっぱいあって
すごく楽しめました♪ 素晴らしいドラマを本当にありがとう☆

キャストの皆様、スタッフの皆様、お疲れ様でした。
posted by ユメ at 22:55| Comment(0) | ボク、運命の人です。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。